千葉での葬儀のマナーについて

葬儀に参列する場合にはいくつかマナーがあります。これは千葉に限らず全国共通です。

・葬儀のマナー

葬儀に参列する時は、喪服を着用します。

しかし喪服を着ていればいいというものではなく、ヘアやメイクもTPOを考える必要があります。

喪服を着ていても、派手なネイルやヘアスタイルではあまりいい印象ではありません。

メイクも派手にせず少し地味なナチュラルメイクを心がけましょう。

自分の都合より、遺族の気持ちを考える事が大切であり、マナーです。

喪服は黒ですが、黒ければいいというわけでもありません。

毛皮は殺生をイメージさせるので、葬儀には不向きです。

黒い服でも刺繍や模様が入った生地はNGとなります。

・宗教による違い

葬儀は宗教によりマナーも異なります。

わからない場合は他の人に聞くか、他の人の様子をさりげなく観察してそれを真似ておきます。

宗教により葬儀スタイルも異なりますが、例えば献花に使う花も宗教や宗派で異なります。

葬儀に参列できずに供花を送る場合は、宗教により花が決まってくるので事前に確認するか、花屋に宗教を伝えそれにふさわしい花を選んでもらいます。

・まとめ

意外と間違えやすいのが、香典袋の書き方です。

御霊前が一般的ですが、キリスト教の場合プロテスタントは御花料、カトリックは御ミサ料とします。

キリスト教の場合は不祝儀袋に十字架のついた物を選びます。

仏教でも宗派によって書き方が違う事はあるので色々な仏教徒が多い千葉では迷ってしまいますが、御霊前なら大抵どの宗教でも通用しますので、迷ったら御霊前にしておきましょう。

※参考ページ=>納得のいく葬儀を千葉で行うためには