AGAをもっと詳しく知る

男性型脱毛症を意味するAGAは、20代から40代の男性に最も多く症状が見られ、進行型の脱毛症であることから、治療や対策等をしないで放っておくと、髪の毛の数は減り続けて、薄毛がゆっくりと進行していきます。

これは、治療を行わないと、毛包が十分に成長せず、髪の毛が太く長く育つ前に抜けてしまうというサイクルが繰り返されていってしまうことからです。

前髪部分、または頭頂部から薄毛が進行していくのが特徴ですから、この部分の抜け毛が増え始めたら、できるだけ早く専門家に相談したほうがいいでしょう。

また、同じ薄毛でも、60代以上の男性に見られがちであるものは、老化現象で起こるものとされていることから、AGAの対象にはなりません。

現在、AGAを引き起こす一番の原因と考えられているのは、良性の男性ホルモンが、悪玉の男性ホルモンである「ジヒドロテストステロン」に変化してしまうということです。

ジヒドロテストステロンは、毛乳細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合して毛乳細胞を萎縮させることで、毛髪の成長期を終わらせてしまいます。

その為、毛髪は成長しきる前に抜け落ちてしまうのです。

良性の男性ホルモンが、悪玉の男性ホルモンに変化するには、体内物質の「5αリダクターゼ」の働きが必要となることから、多くのAGA治療薬やサプリメントには、この5αリダクターゼを抑制する成分が配合されています。

5αリダクターゼの量や活発度は遺伝によって決まっているので、個人差がかなり見られ、後天的には変えることができません。

関連リンク・・>【AGAピックアップナビin名古屋