千葉での葬儀の時のアクセサリーについて

千葉での葬儀の時に悩むのがアクセサリーです。

迷った時は全部外すのがいいかもしれません。

・葬儀の時のアクセサリー

葬儀の時にはアクセサリーは絶対必要ではありません。

結婚指輪はつけたままでもOKとされていますが、ダイヤがついたデザインの場合は内側に向けておくなど配慮しましょう。

婚約指輪を常に身につけている場合も、可能なら外すか、内側に向け隠しておきます。

普段使いのアクセサリーは葬儀の時は外すのがいいでしょう。

指輪、ピアスやイヤリング、ネックレス、ブレスレットはできるだけ外すか、表にでないように隠します。

ネックレスなら見えないから大丈夫と思っても、お辞儀をした時に出てくる事があるので、念のため外してジュエリーケースや袋にしまっておく事をおすすめします。

・付ける場合はパール

葬儀の時に結婚指輪はOKですが、アクセサリーをつけたい場合は、パールを選びましょう。

ただし不幸が重ならないようにするために、ネックレスは一連、イヤリングやピアスは一粒を選びます。

間違っても二連ネックレスは選ばないようにしてください。

パールなら白でも構いませんが、黒真珠なら尚いいでしょう。

パール以外なら、ブラックオニキスや黒珊瑚も使えます。

・まとめ

千葉に限らず、葬儀の時は基本的にキラキラと光り輝く物はNGです。

アクセサリーだけ得なく、金具が付いたバックや靴、ベルトのバックルにも注意が必要です。

アクセサリーは外していても、身につけている物のどこかに光る金属がある場合は外しておきましょう。

コメントは受け付けていません。