葬儀スタイルについて

今は千葉での葬儀スタイルも多様化していて、以前の葬儀とは少し様子が変わってきています。

・昔ながらの葬儀

葬儀といえば自宅や葬儀場で、立派な葬儀を行うのが理想とされてきました。

葬儀のときに立つ花輪の数で、故人のステータスがわかるとも言われていましたが、大掛かりな葬儀を行うのは会社社長や会長、著名人くらいではないでしょうか。

資産家なども派手な葬儀を行いますが、一般的には葬儀も地味に行う事が多くなっています。

最近は千葉でも住宅事情などもあって、自宅では祭壇を作るスペースがなく、葬儀場を使用する事も増えていますが、高齢化や核家族化が進んでいる傾向があり、葬儀スタイルも変わってきています。

・新しい葬儀スタイル

千葉で最近増えているのが、家族葬、直葬、一日葬、自由葬などです。

家族葬は遺族とごく親しい友人や親族だけが参列する葬儀です。

直葬は葬儀に参列する人がいないか、数人の場合に火葬場で僧侶に読経をしてもらいそのまま火葬するスタイルです。

一日葬は通夜を行わず遺族とごく親しい人だけで見送るスタイルです。

・まとめ

親戚が多い場合は家族葬で済ませてしまうと、何故呼んでくれなかったのかと後で揉めるケースもあります。

しかし遺族の負担が大幅に軽減されるため、最近は新しい葬儀のスタイルを選ぶ人も増えています。

生前に家族に迷惑をかけないよう、家族葬をするよう遺言を残す人もいます。

葬儀スタイルはいろいろありますので、家族で話し合って決めてください。

コメントは受け付けていません。